なぜこうなった…AGAの症状と原因

AGAになる原因と症状

ふとした時に髪がハラリと抜けやすくなった、頭をさわったときのボリュームが気になる…AGAはそんな何気ない髪のサインから判断できます。

「まさか自分が!?」と思っている方、AGA(男性型脱毛症)は20~60代までの男性なら誰でも起こりうる病気なんです。

AGA患者の人口は1,260万人、日本人男性の約3人に1人がなっているといわれるほど身近な病気。
「自分は大丈夫」と思ってAGAのサインを放っておくと症状がどんどん深刻化し、二度と髪の生えない頭になってしまいます…。

ここでは、恐ろしく厄介なAGAの症状と、AGAにかかってしまう原因について説明します。

AGAの症状

AGAの症状は薄毛と抜け毛
AGAの症状は「薄毛」「抜け毛」の2種類が代表的。
特に「額の生え際」「頭のてっぺん」が薄くなっている、抜け毛が多いといった場合は、まさにAGAの症状が進行している証拠です!

また、髪質についてもチェック。髪の毛が全体的に細くやわらかい髪質になっていたら、AGAの初期症状です。

AGAはヘアサイクルが乱れ、新しい髪が成長せず抜け落ちていく状態です。
一度ヘアサイクルが乱れると新しい髪が生えにくくなってしまうので、AGAのサインを見のがさないにように注意するべきでしょう。

髪を触ったり、どのあたりから薄くなっているかセルフチェックしてみてくださいね。

AGAの原因

AGAの原因は2つある
AGAになる原因は、男性ホルモンの「テストステロン」と、毛乳頭にある体内酵素「5αリダクターゼ」の2つが結びあうことで発生する「DHT(ジヒドロテストステロン)」によるものです。
DHTは活性作用が強く、毛根にある毛母細胞を自然死させてしまう働きがあります。

毛母細胞が死滅すると、生えていた毛が根元から抜けたり、やせ細る原因に。
さらに、毛を作る組織が死んでしまうので二度と毛が生えてこなくなる頭皮環境を作ってしまうおそれも…。

DHTの発生を防ぐためには、テストステロンと5αリダクターゼの結びつきを阻害する必要があります。

成分を減らすことはできないの?

テストステロンと5αリダクターゼは量を減らせる?
本来、テストステロンと5αリダクターゼは単体だと害のない成分です。

テストステロンは男性ホルモンの一種で、血流をぐるぐると循環しています。
テストステロンの血中濃度が低くなると倦怠感や性欲減退、肥満などのリスクを引き起こすことも。
男性の心身の健康をキープするうえでも欠かせない成分といえるでしょう。

また5αリダクターゼは遺伝によって量が決まるので、減らすことはできません。
家族に薄毛の方がいる場合は、5αリダクターゼの量が多いと考えられます。

家系のせいと考えるとどうしようもない、と思う方もいるはず。
ですが、大切なのは成分を減らすのではなく、2つの成分が結合しないようにすることです。

AGAが発生する原因や仕組みをしっかりと理解し、AGAの進行を止める成分を継続的に摂取していきましょう。

5αリダクターゼには種類がある

5αリダクターゼのメカニズム
5αリダクターゼには、1型と2型の2種類が存在します。
このうち頭頂部・生え際が薄くなるAGAを招くのは2型で、毛乳頭に多く集中しています。

5αリダクターゼ2型の働きを防ぐフィナステリドは、元ある髪を保護して抜け毛・薄毛を防止します。
フィナステリドを含むAGA治療薬なら、育毛剤・発毛剤よりも確実に薄毛・抜け毛の原因を改善できるでしょう。

フィナステリド配合のフィンペシアをチェック

もうひとつの5αリダクターゼ1型は皮脂腺に多く分布し、テストステロンと結合してDHTが増えると側頭部や後頭部が薄くなっていきます。

外見上は刈り上げスタイルのようにも見えますが、これもAGAの一種です。
ただ、リダクターゼ2型と違った形で進行しているので、2型と異なるAGA治療薬を使う必要があります。

リダクターゼ1型の働きによるAGAはデュタステリドが有効です。
側頭部・後頭部の薄毛が気になる場合は、フィナステリドではなくデュタステリド配合のAGA治療薬を使いましょう。

デュスタリド配合の商品をチェックしてみる

投稿日:

Copyright© 憎きAGAを治療!フィンペシアの通販が安くて効果的らしいぞ , 2019 All Rights Reserved.