フィンペシアの飲み方と効果、副作用について

フィンペシアの飲み方・効果・副作用
フィンペシアに含まれるフィナステリドは、脱毛の症状を抑制するスゴイ効果が!
では、どのように症状を防いでいくのでしょうか?

フィンペシアの効果を発揮させる飲み方も気になるところです。また、お薬だからこそ心配な副作用についても知っておくべきでしょう。

ここではフィンペシアの飲み方と効果、副作用について紹介しています。

フィンペシアはAGAの進行を防ぐ作用がある

フィンペシアには、AGA(男性型脱毛症)の進行を防ぐ「フィナステリド」が含まれています。
フィナステリドは、発毛効果が認められた日本でも有数の成分です。
フィナステリドが血液に取り込まれることで、AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の発生を阻害し、生えている毛や細胞の死滅・抜け毛を防いでくれます。

DHTはどこから発生する?

DHTはどこから?なぜ発生する?
薄毛・抜け毛の原因となるDHTは、男性ホルモンの一種であるテストステロンと体内酵素の5αリダクターゼが結びつくことによって生まれます。

DHTは活性(体を錆びつかせる)作用がとても強く、発生することで毛母細胞を自然死(アポトーシス)させてしまう働きがあるのです。
DHTを発生させないようにするためには、テストステロンと5αリダクターゼの結合を未然に防ぐ必要があります。

円形脱毛症には効果がない

フィナステリドの働きはAGAだけに有効です。
円形脱毛症の方には効果が発揮できないので、注意してください。

円形脱毛症はいわゆる「10円ハゲ」と呼ばれるもので、場所を問わず丸くぽっかりと毛が抜けてしまうストレス性の病気。
男性ホルモン・体内酵素によるAGAとは毛が抜ける仕組みが異なるので、円形脱毛症の改善に適した対策をするべきです。

ストレスチェックやメンタルサポートなど、精神的な治療を受けるようにしましょう。

フィンペシアの効果的な飲み方

AGA改善に有効なフィナステリド配合のフィンペシアですが、効果的な飲み方があります。

大前提!1日1錠をきちんと守りましょう。
フィンペシアは1日1錠
フィンペシアの1日の摂取量は1mg(1錠)と決まっています。

効果を早く出したいからと、たくさん飲み過ぎるのは止めましょう。
強い副作用を引き起こして体に害を及ぼすおそれがあります。

安全にお薬を飲み続けるために、これだけは最低でも守っておきましょう。

次に、決まった時間帯に毎日飲むこと。
フィンペシアは決まった時間に飲む
フィナステリドは一定量を体の中にキープさせておくことで、AGAの進行を食い止めてくれます。
血中濃度を一定に保つ意味で、自分で決めた時間帯で毎日飲むことがポイントです。

フィンペシアは毛が成長しやすい就寝前に飲むのがオススメですが、副作用として性欲減退やEDに似た症状などが起こる可能性があります。

パートナーや奥さんがいる方は性行為への影響を考えて、副作用の程度を確認しながら服用してください。

フィンペシアの副作用

フィンペシアの副作用
フィンペシアの副作用は、性欲減退・ED、肝機能障害、頭痛などです。
しかし、副作用が発生する可能性は1%と低く、ごくまれといってもよいでしょう。
あくまでも起きる可能性はあるので、万が一このような症状が起きた場合は服用を見直してください。
体質や体調によって薬の効き目が変わることもあるので、夜に飲んで合わなかった時はお昼に飲んでみるなど、続けやすい方法を見つけましょう。

女性・未成年の方は要注意

女性(特に妊娠中の方)、未成年はフィンペシアを飲めない
フィンペシアに含まれるフィナステリドは、妊娠中の女性が服用すると男性胎児の生殖器に異常を起こす可能性があります。

服用だけでなく、コーティングが剥がれた錠剤を触っても副作用を引き起こすことがあるので十分に注意しなければなりません。

女性の薄毛症状は男性のものと原因が異なるので、フィナステリドを飲むことは禁じられています。
また未成年の男性に関しても効果効能や安全性が確認できていないので、飲まないようにしましょう。

投稿日:

Copyright© 憎きAGAを治療!フィンペシアの通販が安くて効果的らしいぞ , 2019 All Rights Reserved.